スプレーまたはベイト剤で|安全にハチ退治を行なうためには専門知識が必要

安全にハチ退治を行なうためには専門知識が必要

家

スプレーまたはベイト剤で

蟻の巣

被害が発生しなくなるまで

アリは、落ちている食べ物を拾い集める習性のある虫です。食べ物が落ちていれば、屋内にも侵入してくるので、アリ被害を防ぐためには、こまめに掃除することが大事と言えます。ダイニングのテーブルや床などに、食べ物を落としたままにしておくと、アリがそれを運び出すためにゾロゾロと集まってくることになるのです。侵入された場合には、アリが食べ物を運び出す様子を観察し、巣を突き止める必要があります。巣を発見した場合には、そこにアリ駆除用のスプレーを使用すると、巣にいるアリを全滅させることができます。ただしひとつの巣でアリ駆除をおこなっても、別の場所にも巣がある場合、アリ被害は続きます。そのためアリ駆除は、被害が発生しなくなるまで根気よく続けることが大事です。

巣を発見できない場合

巣には、食べ物を運び出すために働いているアリの、数十倍もの数のアリがいます。そのためアリ駆除は、見かけたその場でおこなうのではなく、巣を突き止めた上でおこなう必要があるのです。しかし、人間が入ることのできないような狭い場所に巣が作られていることもあり、これを突き止めることは困難です。このような場合のアリ駆除では、ベイト剤が使用されています。ベイト剤には、アリの代謝を阻害する成分が含まれています。それでいて、アリの好物の匂いを発しているため、庭などに撒いておけば、アリはこれを食べ物と勘違いして巣に運び込みます。すると巣にいるアリが食べるのですが、食べた後は代謝できなくなり、数日後には死ぬことになるのです。多く運び込ませれば、それだけ多くのアリを駆除できると言えます。アリ駆除に効果的なベイト剤は専門業者でも取り扱っています。駆除したい昆虫にだけ効果を発揮するので、他の動植物に影響を与えず安全性の高いものとなっています。業者に取り扱い注意などもしっかりと確認しておきましょう。